私たちの不倫人生 〜後悔なき不倫〜

まじめでよく考えるくせに、どこか奔放な水香は、20以上も年上の子どものような瑞樹と知り合いになり恋に落ちました。まじめな二人が恋愛を考えるうちに、愛とセックスについて実践するようになります。これは恋の試行錯誤の記録です。

カテゴリ: 愛人業

今日水香に会いに行く。列車の中で動画を見ると水香が腰を振っている。病気がちだけど元気だろうか? ...

水香には翡翠という別の名前がある。実はその名前を知っているのは僕だけだ。翡翠もとてもステキな女性だ。きっぱりしている。あと水香の膣には凹凸があって長年のダンスで鍛えているので虜になる。ついつい自慢したくなる。とっても若い僕の彼女は名器ですよって。今度繁華 ...

水香はずいぶん騎乗位がうまくなった。また多くいくようになった。水香とのセックスはどんどん激しくなり1日に5、6時間が限度だ。だけど限度を超えると新しい世界が見える。アナルも同じ。きっと水香はアナルでもイクようになるだろう。成長が楽しみだ。 ...

水香は瑞樹の妾妻より愛されて妻よりも瑞樹を支えるいっぱい激しいキスをされ色々な体位で瑞樹を受け入れるby  水香と瑞樹 ...

水香は出会ったときに愛人をしてると言った。僕は、いわゆる「愛人」のことだと思ったがそうではなかった。水香はカネ目当てではない。むしろ、大西郷の敬天愛人に近い意味なのだ。古風な水香は、そうみんなが思うと信じている。そして誤解される。確かに我執の不倫執着や依 ...

このページのトップヘ